スマホが原因?! リモコンが動かない3つの理由!

TVやエアコン、電灯など家にはいろいろなリモコンがあります。

多くの方が毎日1度はリモコンを操作されているのではないでしょうか?

リモコンのボタンを押しても、うんともすんとも。。イラっとしますよね。

今回の記事は、リモコンが作動しないときの原因と対処について、お伝えしたいと思います。

最近、思わぬ原因によってリモコンが作動しない事例が多発しています。

この記事を読むことで、リモコンが作動しない時のイラッを少しでも減らせると思います。

是非、最後まで読んでください。

リモコンが作動しない主な原因

リモコンが作動しない場合の原因はほぼ次の3つです。

  1. スマホによる赤外線障害
  2. 電池切れ
  3. リモコンの故障

1.スマホによる赤外線障害

えっ?スマホが原因でリモコンの作動不良が起きるの?

そうなんです。

すべてのスマホではありませんが、一部のスマホを部屋に置いているとリモコンが作動しなくなります。

スマホでリモコンが作動不良になる理由

スマホに搭載されている「近接センサー」と呼ばれるセンサーがリモコンを作動不良にしています。

「近接センサー」はスマホの液晶画面が消えている時は作動しておらず、液晶画面が点いている時だけ、目に見えない赤外線を照射して液晶画面の上部にあるスピーカ部近くに耳がないかを検知しているセンサーで、近接センサーが耳などの障害物を検知したら、スマホは電話モードになり、耳が液晶画面に触れても反応しないようにプログラミングされています。

近接センサーから照射される赤外線は人間の目では見ることが出来ませんが、機械の目(カメラのレンズ)であれば見ることは可能です。

下の写真はiPhone11の液晶画面が点いている時をカメラで撮影した写真です。

白い矢印の先に薄紫の丸い点が見えます。

これが近接センサーが照射している赤外線です。

iPhone含めて多くのスマホは液晶画面が点いている時だけ、近接センサーから赤外線が照射されますが、一部のメーカのスマホは液晶画面が真っ暗な状態でも常に赤外線を照射しています。

このような赤外線を常に照射しているスマホを家に置いていると、リモコンから発信された赤外線の信号を乱してしまい、機器が作動しなくなるのです。

対処法

対処方法は簡単です。

スマホの近接センサーは液晶画面に埋め込まれていますので、スマホの液晶画面を常に下に向けて裏向けにしてスマホを置くようにすれば、赤外線は部屋に照射されなくなり、リモコンの赤外線を邪魔することがなくなります。

2.電池切れ

これも多い原因の一つです。

リモコンのような低電力の機器には、アルカリ電池ではなくマンガン電池をお勧めします。

3.リモコンの故障

あまり多くはありませんが、リモコン自体が故障している場合もあります。

スマホも裏向けて、電池も新しいものに交換してもリモコンが作動しない場合はリモコンの故障を疑う必要があります。

リモコンが故障しているかどうかを判断する方法はスマホの近接センサーから照射される赤外線を撮影したように、リモコンから赤外線が照射されているか?を確認することで凡そ判断できます。

赤外線が照射されていればリモコンは正常であり、赤外線が照射されていない場合はリモコンが故障していると判断します。

リモコンから赤外線が照射されているか?を確認する方法は以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

まとめ

リモコンが作動しない原因は次の3つ

  1. スマホによる赤外線障害
  2. 電池切れ
  3. リモコンの故障

各原因の対策

  1. スマホを使わない時は画面は下向けにする!
  2. 新しい電池に交換
  3. メーカに修理依頼

 

科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

この記事を書いた人
走る園児

京都の国立大学工学部卒
22歳:東証一部上場の大手電機部品メーカに入社
29歳:開発部の管理職
35歳:東証一部上場の大手家電メーカに技術者として転職
 専門は電気、機械、金属材料、高分子材料、統計学
 学会・講演会なども活動。
 特に故障原因の解析が何よりの好物!!

ランニングが趣味の園児(エンジニア)です。

走る園児のフォローよろしくお願いします♪
生活の便利な科学雑学
スポンサーリンク
この記事をシェアして頂けると嬉しいです(^^♪
走る園児(エンジニア)の運動会

コメント