驚愕の結果! オイルスプレーのダイエット効果を現物で検証した結果

ゆきちゃん
ゆきちゃん

オイルスプレーってお洒落で便利♪

それにダイエットにも効果あるらしいけど

本当かな?

それにオイルスプレーって100均にも売っているけど、それで十分なのかなー??

フライパンで卵焼きを作るときは、オイル容器から直接フライパンにオイルを垂らし入れている方がほとんどですよね。

こんな時、オイルスプレーがあれば、シュッとオイルをひと吹きするだけで手も汚れずに簡単にフライパンにオイルをかけることができちゃいます。

しかも、容器からオイルを垂らすよりもオイルの使用量を減らしダイエットに効果があると言われいています。

走る園児
走る園児

どのくらいオイルスプレーを使うとオイルの使用量が減るのか?

100均のオイルスプレーでも十分か?

実際にオイルスプレーを購入して検証したよ。

オイルスプレーの購入を検討されている方はもちろんですが、オイルスプレーを知らなかった方にも有益な情報です。

ぜひ、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

↓参考記事↓

オイルスプレーを使うとオイルの使用量が減るのか?

結論を述べます。

オイルスプレーは誰が使っても、油の使用量を大幅に減らす効果がありました

オイルスプレーは我が家のキッチンには無くてはならないアイテムとなりました。

脂質の取りすぎを気にしている方は是非!オイルスプレーを使われることをお勧めします。

走る園児
走る園児

オイルの使用量が減ってダイエット効果と家計にも優しい大満足の商品だったよ!

手も汚れず、キッチンに置いていてもお洒落だし本当に良い商品です。

購入したオイルスプレー(検証したオイルスプレー)

オイルスプレーには2種類グリップ式と加圧式があります。

グリップ式は取っ手を握りオイルミストを噴射するタイプを指します。安価な商品はほぼグリップ式です。

安価なのはメリットなのですが、オイルは水に比べて粘性がある液体なので霧状に噴射し難くく安価なグリップ式の多くがオイルを霧状に出来ず水鉄砲に近い噴射になってしまいます。

霧状に噴射することがオイルスプレーの肝ですから、どうせ買うなら加圧式と考え、口コミも良さそうな以下のオイルスプレーを購入しました。

オイルスプレーの容器の材質

オイルスプレーの容器の材質は、プラスチック、ステンレス、ガラスの3種類あります。

この中でガラスが一番お手入れしやすく、オイルの酸化劣化も無いことからガラス容器を選択しました。

ステンレスもオイルの酸化劣化は無いですが中身が見えないのでオイルの残量が分からないのと指紋や油汚れが目立つのがデメリット。

プラスチックは軽くて安価なのがメリットなのですが、どうしても酸素を透過しますのでオイルの酸化劣化やプラスチックの添加剤などがオイルに移行して変質するのが怖かったので候補から外しました。

100均のオイルスプレーでも使えるのか?

オイルは水に比べて粘度が高く、スプレーで霧状になり難いのでオイル用の加圧式スプレーが必須です。

100均で販売されているスプレーは水を想定したスプレーなので、オイルを入れてスプレーしても霧状にならず水鉄砲のようにしか噴射しません。

購入したオイルスプレーは加圧式スプレーなので霧状に噴霧できました。

もっと霧状にしたい場合は、オイルを加熱して粘性を下げてあげれば細かい霧状に噴霧できます。

オイル使用量の比較実験

我が家は家族全員(私、嫁、長女、次女)は普段から料理をしていますので、いつものように卵焼きを作る際の要領でフライパンにサラダ油(以下オイルと称す)を適量かけてもらい、従来通りに容器から垂らした方法とオイルスプレーを使った方法でオイルの使用量に差があるのかを調べました。

容器から垂らす方法オイルスプレーを使った方法

1人当たり3回同じ測定を行いました。

実験結果

容器から垂らす方法

オイルスプレーを使った方法

驚愕の結果でした!

従来のように容器から直接フライパンにオイルを垂らす方法に比べて、オイルスプレーを使うことで1回あたりマイナス約67gものオイルを低減できることが分かりました。

オイルスプレーを使うとオイルが霧状に噴射されるので、まんべんなくフライパン前面にオイルを塗布することが出来きることから、余分なオイルを使用することが無くなり、オイルの使用量を圧倒的に抑えることが出来ています。

ダイエット効果は?カロリーはどのくらい低減?

サラダ油などの食用油はオイルの種類に関係なく、オイル100gに含まれるカロリーは900kcalです。

出展:日清オイリオ㈱HPより

フライパンを1回使う度に低減できるオイル使用量67gなので、フライパンを1回使う度にマイナス563kcal(67g×900kcal/100g)もカロリーを抑えられる計算になります。

1日の摂取カロリーを約1650kcalも下げれます。(1日でフライパンを3回使うと仮定)

まとめ

今回はオイルスプレーの効果を実験で確かめました。

結果は以下です。

購入した加圧式のオイルスプレーは、料理1回あたり約67gものオイル使用量を減らすことができます。オイル使用量を低減させることで摂取カロリーはマイナス563kcal。脂質の取り過ぎを気にされたり、ダイエットをしている方には必須のアイテムですね。

最後に今回実際に油の使用量が大幅に低減できることを確認した我が家で愛用しているオイルスプレーのリンクを貼っておきます。
安価なのにとても使い勝手が良くて外観もお洒落です。
おすすめします。


科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所

この記事を書いた人
走る園児

京都の国立大学工学部卒
22歳:東証一部上場の大手電機部品メーカに入社
29歳:開発部の管理職
35歳:東証一部上場の大手家電メーカに技術者として転職
 専門は電気、機械、金属材料、高分子材料、統計学
 学会・講演会なども活動。
 特に故障原因の解析が何よりの好物!!

ランニングが趣味の園児(エンジニア)です。

走る園児のフォローよろしくお願いします♪
おすすめ商品レビュー記事
スポンサーリンク
この記事をシェアして頂けると嬉しいです(^^♪

コメント