ガーミンユーザーのランナーがファーウェイ GT2 Pro を2週間使ってみた

ランニングが趣味の園児(エンジニア)です。

ランナーにとってGPSウォッチは必須アイテム。

4年前からGARMINのFenix5s plus (約6万で購入)を愛用していましたが、最近はバッテリーの持ちがイマイチに・・・

GPSウォッチはずっとGARMINを使い続けていましたが、気になるのがHUAWAIのGT2 Pro。

スーツ姿でも違和感なく着けられるデザイン。

カタログ上はランナーにも十分な機能。

なにより価格がGARMINより圧倒的に安い

悩みましたが購入しました。

今回はずっとGARMINユーザーだった園児が、初めてHUAWAIのGPSウォッチ GT2 Proを購入し2週間使ってみたレビュー記事です。

走る園児
走る園児

HUAWAI GT2 Proを検討されている方は是非参考にしてください。

結論

ウォッチの機能はGARMINとほぼ同等で全くの不満なし!

価格はGARMINに比べて圧倒的に安くコスパ最高!

特におススメな機能は、ワイヤレス充電!

唯一の不満は、

「GARMIN Connect」が使えない

過去GARMINで計測したランニング記録に積み重ねができないことです。

もちろん、HUAWEIにもランニング記録を積み重ねるアプリ「HUAWEIヘルスケア」があり、機能も遜色(そんしょく)無く問題ないのですが、GARMINで積み重ねた過去のランニング記録と切れてしまうことが少し残念でした。

充電方式

GARMIN(ガーミン)の充電方式はウォッチ背面の端子に専用コネクタの端子を差し込んで充電するのですが、これがめっちゃ腐食しやすいのです。

ウォッチの背面は汗(塩)が付き易く、その汗が付き易い背面には充電用の金属端子がむき出しになっています。

この金属端子がめちゃくちゃ腐食します。

金属の腐食は電気化学反応ですから、汗や水分を拭き取らないまま専用端子を差して充電したら、あっという間に端子が腐食してしまいます。

私は毎回、水洗いをしてしっかりと水分をふき取ることを心がけていましたが、4年も使用すると端子が腐食して充電できなくなりました。

個人的な意見ですが、これがGARMINの最大の不満点でした。

対してGT2 proは端子腐食の心配が全くないワイヤレス充電方式なのです!

GT2 pro と専用充電器

    充電状態

金属端子が無いので腐食だけでなく、防水や防塵などの密閉性も強化できる構造になっています。

重さ

実測した重量はGT2 Pro の方がFenix5s plus より11.2g重たいです。

GT2 Pro 83.8g

しかし、実際に腕に着けてみると重さの差は全く感じません。

ウォッチを着けてランニングしてみると、むしろGT2 Proのほうが腕へのフィット感が良くて心地よい。

心地が良い理由はウォッチ裏面の形状がポイントのようです。

Fenix5s plusの裏面は全体がお皿を逆さにしたような形状になっており、中央部がポッコリ出っ張っているため、腕に着けると不安定さを感じます。

対して、GT2 Proも中央部が多少盛り上がっているのですが、全体的に平面部が広く、腕に着けた時には盛り上がり部が気にならずとても安定した装着感があるのです。

 

左)GT2 pro 面が広く中央部以外は平面     右)Fenix5s plus全体的に丸く膨らんでいる

GPSの補足時間は?

GPSウォッチはバッテリーの消費を抑えるため、普段はGPSを捕捉しておらず、ランニングをするときなどGPS測位が必要なときだけ、ウォッチを操作してGPS捕捉を開始させます。

GPS捕捉が完了するまでランニングを開始することが出来ず、昔のGPSウォッチは捕捉時間が数分かかることもありイライラさせられました。

Fenix5s plus のGPS捕捉時間は10秒以内で非常に満足していました。

対して、GT2 Proの補足時間は10秒以内でした。

Fenix5s plus とほぼ同じです。

ランニング-データの正確性は?

右腕にFenix5s plus 。左腕にGT2 proを着けて実際にランニングを行い、GPS位置測位システムの正確性を調べてみました。

走行軌跡(GPSデータ)

GT2 Proの走行軌跡はFenix5s plus と大きな差はありません。

GT2 Pro

Fenix5s plus

小さなところを指摘するとすれば、GT2 Proのほうが走行軌跡が若干滑らかになっています。

これは、GT2 ProのほうがFenix5s plusに比べて、GPSの測位を行うサンプリング周期が長いためと思われます。

しかし、走行軌跡は実使用に問題が無いレベルであり、バッテリーの持ちとの両立ができた良い設計ですね。

サンプリング周期とは

GPSウォッチはGPSの測位を常に行うとバッテリーの消費が激しくなるので、決まった時間間隔(例えば30秒毎のように)で測位しています。

このGPSで測位する時間間隔のことをサンプリング周期と言います。

測位した位置データを時間経過ごとに繋ぐことで走行軌跡を描くことができるのです。

サンプリング周期が短い方がランナーの微妙な走行軌跡の変化を捉えることができるのでメリットがあるように感じますが、デメリットとしてはバッテリーの消費が激しくなってしまいます。

走行軌跡の正確性とバッテリーの持ちはトレードオフの関係にあるのです。

ペース(分/km)データ

GT2 ProのペースはFenix5s plus と平均は概ね同じですが、個々のデータには若干不安定なところもありそうです。

どちらのウォッチもアプリでペースの確認ができます。

左がFenix5s plus。右がGT2 Proで計測したペースのデータです。

平均ペースはほぼ同じです。(Fenix5s plus:5.58分/km、GT2 Pro:5.57分/km)

ベストは少し差があります。(Fenix5s plus:4.53分/km、GT2 Pro:4.16分/km)

GT2 Proは走り始めにペースが速くなっているピークが認められますが、実際には少しずつ加速して走ったので、このような速いペースでは走っていません。

他の日にはこのような異常なピークは無いので、偶発的な異常だったと思いますが、GT2 Proのピーク測定はたまに異常値が測定される場合もありそうです。

心拍数

GT2 Proの心拍数はFenix5s plus とほぼ同じです。

左がFenix5s plus。右がGT2 Proで計測した心拍数のデータです。

平均値はほぼ同じです。(Fenix5s plus:138回/分、GT2 Pro:139回/分)

最大値もほぼ同じです。(Fenix5s plus:159回/分、GT2 Pro:157回/分)

ピッチ

GT2 ProのピッチはFenix5s plus とほぼ同じです。

左がFenix5s plus。右がGT2 Proで計測したピッチのデータです。

平均値はほぼ同じです。(Fenix5s plus:173歩数/分、GT2 Pro:171歩数/分)

最大値もほぼ同じです。(Fenix5s plus:185歩数/分、GT2 Pro:177歩数/分)

バッテリーの持ちは?

満タン充電した状態からハーフ(21km)を約2hかけて走ってバッテリーの消費を調べてみました。

<結果>

GT2 Pro:91%(9%消費)

Fenix5s plus:63%(37%消費)※バッテリーが弱っているのであくまで参考ですが、新品時のFenix5s plusのバッテリーの持ちの記憶と比較しても同等もしくはそれ以上のバッテリーの持ちであることは確実です。

防水性は?

防水性は壊れるまで使って比較することはできませんが、ランニング後のシャワーや水仕事で濡れても全く問題なく使えています。

カタログ上の防水性は、

Fenix5s plus が100m防水

GT2 Proは50m防水

なのでGT2 Proの方が防水性は低そうですが、50m防水があればランニングだけでなく水泳にも十分使える防水性です。

まとめ

GT2 Proは多くのランナーにとってコスパ最高のGPSウォッチでした。

①充電方式   :ワイヤレス充電方式 最高 
②価格     :3万円弱(約半値)めっちゃ安い
③重さ&着け心地:+11.2g ちょっと重たいが気にならない
④補足時間   :10秒以内 ガーミンと同等
⑤走行軌跡計測 :ガーミンよりサンプリング周期長く滑らか
⑥ペース計測  :若干不安定なところもあるがガーミンと同等
⑦心拍数計測  :ガーミンと同等
⑧ピッチ計測  :ガーミンと同等
⑨バッテリー持ち:カタログ上は2週間持つ 良い
⑩防水性    :ガーミン の方が良いが十分な防水機能
↓GT2 Proの最安値リンクです♪↓


この記事を書いた人
走る園児

京都の国立大学工学部卒
22歳:東証一部上場の大手電機部品メーカに入社
29歳:開発部の管理職
35歳:東証一部上場の大手家電メーカに技術者として転職
 専門は電気、機械、金属材料、高分子材料、統計学
 学会・講演会なども活動。
 特に故障原因の解析が何よりの好物!!

ランニングが趣味の園児(エンジニア)です。

走る園児のフォローよろしくお願いします♪
おすすめ商品レビュー記事
スポンサーリンク
この記事をシェアして頂けると嬉しいです(^^♪
走る園児(エンジニア)の運動会

コメント