高速USB3.0を低速USB2.0として使っている事実! USB使用時の3つの注意点

USBには「通常仕様のUSB2.0」と「高速仕様のUSB3.0」があります。

でも、高速仕様のUSB3.0を使っているつもりでも、ちょっとした操作ミスにより遅いUSB2.0として使っている場合があるのを知っていますか?

走る園児
走る園児

USB3.0を使っているつもりでも、

実はUSB2.0になっちゃっている場合が多いのですよ

USB2.0USB3.0とは

USB3.0USB2.0に比べて

データ転送通信速度が約10倍

電力供給能力が約2倍

高速&大電流仕様なのです

データ転送通信速度

USB2.0:480Mbps

USB3.0:5000Mbps 約10倍!

この数値が大きいほど、USBで接続した機器とのデータのやり取りにストレスを感じなくなります。

理論的にはUSB3.0USB2.0よりも約10倍速くなります。

電力供給能力

USB2.0:500mA(5V)

USB3.0:900mA(5V) 約2倍!

この数値が大きいほどUSBで接続した機器に多くの電力を供給することができます。

USB3.0USB2.0に比べて約2倍多くの電力を供給できるようになります。

HDDドライブやDVDドライブなどモータがある機器は多くの電力を消費します。このような電力を多く消費する機器によってはUSB2.0では電力量が足りず動かないこともあります。

いずれにしても、USB3.0の方が全てにおいて優れています。

USB2.0USB3.0の見分け方

USBの中の色で見分ける

USBポートの中の色で見分けることができます。

USB2.0は黒色や白色になっているのに対して、USB3.0は青色になっています。

しかし、稀にUSB3.0でも黒色や白色のものもありますので注意が必要です。

マークで見分ける

色による識別だけでなく、それぞれのマークがあるので、そちらでUSB2.0USB3.0か判断することが可能です。

写真のように「SS」という文字が混ざっているマークがUSB3.0に対応しているものとなります。

「SS」とはSuper Speedの略になります。

USB内部の金属端子の本数で見分ける

USBの内部を観察することでUSB2.0かUSB3.0かを見分けることができます。

USB2.0とUSB3.0はどちらも手前に4本の金属端子がありますが、USB3.0のみ更に奥に5本の金属端子があります。

USBの内部を観察して奥に金属端子があれば間違いなくUSB3.0であることがわかります。

USB3.0が低速になってしまう使い方とは

USB3.0はUSB2.0と互換性があるので、USB2.0のデバイスでもUSB3.0のポートに差し込んで使うことができます。

とても便利な互換性ですが、ちょっとした使い方によりUSB3.0のデバイスを使っているつもりでも知らずにUSB2.0仕様(遅い)で使っていることが間々あるのです。

注意する使い方は3つあります。

  1. USB3.0のデバイスをUSB2.0のポートに差し込んで使用
  2. USBを奥まで差し込まずに使用
  3. USBをゆっくり差し込んで使用

1.USB3.0のデバイスをUSB2.0のポートに差し込んで使用

USB3.0のデバイスを高速で使用するためには相手のポートもUSB3.0のポートである必要があります。

どちらか一方がUSB2.0の場合は低速のUSB2.0仕様で使うことになります。

ポートとデバイスだけでなくケーブルもある場合は、ケーブルもUSB3.0仕様のケーブルでないと高速で使用することが出来ませんのでご注意ください。

2.USBを奥まで差し込まずに使用

USB3.0とUSB2.0はどちらも手前にある金属端子は同じ4本あります。

USB3.0のみ奥に金属端子が5本あるので、しっかり奥まで差し込まないと、この奥にある5本の金属端子が接続させずUSB2.0として認識されてしまいます。

USB3.0のデバイスはしっかり奥まで差し込んで使わないとUSB2.0仕様の速度で使うことになります。

3.USBをゆっくり差し込んで使用

USB3.0のデバイスが挿入されたことを機器は奥の5本の金属端子が接続しているかどうかで判断しています。

そのため、しっかり奥まで挿入しないと誤認識になってしまうことは既にお話ししました。

この奥の5本の金属端子の接続確認は、USBデバイスを挿入し手前の4本の金属端子が接続されてから数秒後に機器が自動で確認しています。

よって、この機器の確認までにしっかり奥まで差し込む必要があります。

ゆっくり差し込むと、この機器の確認までに奥の5本の金属端子が接続されていないことになりUSB2.0であると機器が誤認識してしまいますので、USB3.0のデバイスは素早く奥まで挿入することを強くお勧めします。

ではでは。

にほんブログ村 にほんブログ村

この記事を書いた人
走る園児

京都の国立大学工学部卒
22歳:東証一部上場の大手電機部品メーカに入社
29歳:開発部の管理職
35歳:東証一部上場の大手家電メーカに技術者として転職
 専門は電気、機械、金属材料、高分子材料、統計学
 学会・講演会なども活動。
 特に故障原因の解析が何よりの好物!!

ランニングが趣味の園児(エンジニア)です。

走る園児のフォローよろしくお願いします♪
生活の便利な科学雑学
スポンサーリンク
この記事をシェアして頂けると嬉しいです(^^♪
走る園児(エンジニア)の運動会

コメント